You are currently browsing the archives for the ヘルスケア category


女性には不定愁訴があります。

女性には原因がいまいち特定できない肩こり、頭痛、耳鳴り、それにめまいといった症状がでる事がありますが、一般的にはこの状態を不定愁訴という事がありますね。

西洋医学の観点からは女性ホルモンの分泌異常と考えていますが、東洋医学においては、「血の道症」といって、血液の流れが悪い事が最も根本的な下人であると考えています。

血液の流れが悪いと、下半身が冷えてしまし、全身のコリ、痛みなどの症状が出やすくなると考えています。

こうした不定愁訴の状態には、良く歩く、自宅でもも上げ運動やスクワットなど、下半身の筋肉を動かすことによって体を温める運動が対策としては有効です。

冷えないためには、ゆっくりと入浴をして体を温めることも大事ですし、循環をよくする、という意味では利尿作用のある生姜紅茶を飲むのも良いでしょう。

また、漢方薬も不定愁訴には効果的です。

ぽっちゃり体系で色白な人には当帰芍薬散、体力が中程度の人には桂枝茯苓丸、体力がありあから顔、冷えやのぼせがあってイライラしてしまいがちな人には桃核承気湯が良いとされています。

女性の健康には男性とはまた違ったいろんな事があるんですよね。

女性の健康づくり |厚生労働省

夏太りを解消するためのポイント

この夏太りを解消するには、いかに体から余分な水分を捨て、元の体に戻すかです。

ついつい飲んでしまった水分を外に出すことで元の体に戻っていくという事ですね。

そのためにはよく汗を出すこと。体を動かすと、腎臓の血流もよくなって、排尿も
よくなります。

体を動かすと、体温も上がることになりますが、そうなると、脂肪や糖分も燃えやすくなります。

体温を上げるという意味では、夏にはシャワーだけですませる人も多いでしょうが、夏
こそ湯船にゆっくり入ると体温が上げた方が良いでしょうね。夏太りする人は。

風呂に入って、少し汗をかき始めたときは、体温が1度上がった状態である事が多いですが、体温が1度上がるとそれだけで新陳代謝が12%上がると言われています。

新陳代謝が上がれば、脂肪の燃焼効率も当然上がりますよね。

また、水分を摂るときも発汗、利尿作用のある飲みものを摂ると体内に水分をため込みにくくできますね。例えば、しょうが紅茶なんかは利尿作用がありますし、夏野菜などに含まれるカリウムもまた利尿作用があります。

生理と冷え

生理中のみならず、生理前でも、いろいろな不調を起こす人がとてもたくさんいます。

これらの症状のたいていの原因は「冷え」です。 

生理は血液という「赤い物質」を外に捨てる現象ですが、「赤」は体を温める色は、それが外に出ていくので当然、その期間は体温が下がってくることになります。

体温が下がると血行が悪くなり、発汗や排尿がしにくい、体の中に余計な水分がたまり、むくんだり、胃袋の中に胃液という水分がたまるので、吐き気やむかつきがある、耳の中のリンパ液が多くなると目まい・耳鳴りが起こる、などの症状が出てくることもありますね。 

生理の不調は「冷え」からきています。生理痛や生理のトラブルをなくすには、運動や半身浴をして全身を温める。それと腹巻きを常時着用(夏は薄いもの、秋から冬にかけては少し厚めのもの)するといいでしょう。

また、チーズ、そば、根菜、海藻、リンゴ、サクランボ、ブドウ、黒砂糖、和菓子、赤ワインのような色の濃いもの、北方産のものなど体を温める食べものを日ごろから食べることです。

特に生姜は婦人科系には効果的ですので、生姜紅茶をぜひ愛飲してください。

ダイエットは食べたい時に食べるべき!

いつも心の中で、「いいものをプラス、いいものをプラス」と、魔法の呪文のように唱えてください。

いい食べ物は、ダイエットによくない食べ物をチャラにしてくれます。

スタイルのいい人ほど、食べることが大好きで食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけ食べる。

これが、1番自然で、正しい食べ方です。

なぜなら、「食べる」ことは本能で、ひとの自然の欲求だからです。

「お腹がすいたら、食べたいと思うものを食べる」という「正しい食欲」に従っていれば、余計なものを食べてムダに太ることはありません。

ところが、ダイエットをしていると、自分の食欲がわからなくなってしまいます。 

たとえば、「体重を減らすためには、カロリーの低いもののはうがいい」と思っているので、食べ物や飲み物は、自分の好みよりカロリーで選んでしまいからです。

ダイエットを続けていると「自分が本当に求めているもの」を無意識に押し殺しているうちに、白分か本当は何を食べたいのかが、わからなくなってしまうのです。 

過度なダイエットは悪!

私白身の体験をお話しましょう。 私は小学生のときから太りはじめ、思春期になるころには標準体重を軽くオーバーする白派なおデブ体型口かっていました。 

そのころ何の知識もなかった私は無理な方法万体重を落として、あっという問にリバウンド。

気がつくと、ありとあらゆるダイエット方を試し、そのたびにリバウンドを繰りかえす「ダイエット地獄」に陥っていました。 

当時の私にとっては、食べ物はカロリーが低ければ低いばどよかったのです。 

成人女性の1日の摂取カロリーの基準値は一六五〇キロカロリーと言われていた時代でしたが、この半分もとていなかったんですね。

そんな状態ではカラダを壊したしまうのは当たり前の話。

過度なダエイッとをして多少は痩せることができたものの、風邪をひきやすくなるなど健康に悪影響ばかりがでてしまいました。

プレミアム酵母がダエイットに効果的な理由

プレミアム酵母がダイエットに効果的、とネット上ではいわれる事があるみたいですね。

酵母の効果を使ったサプリメントとして人気があるとともに実際に結果を出している人もたくさんいる事から確かに一定の効果は期待できるかも知れません。

ですが、なぜプレミアム酵母がダイエットに効果的なのか?それを知らずして通販などで購入するのはやはり危険なことではないでしょうか?

そこで、公式サイトなどでプレミアム酵母についてリサーチしましたので良かったら参考にしてください。

ポイントその①
プレミアム酵母に配合されている酵母の性質として特徴的なのは、お米やパンなどで食べた炭水化物を体内で分解してくれる、というところです。

酵母がない場合は、この食べてしまったお米やパンなどに含まれる炭水化物はダイレクトに糖質として吸収され、最後は脂肪に変わってしまいます。

となれば、当然体重は食事をすればするほど増えていってしまうことになるのですが、これを防いでくれるのが酵母の性質の一つという事ができます。

ポイントその②
酵母は酵素を作り出す元となります。
体のなかには酵素を作り出す機能がありますが、これは年齢とともにだんだんと減少していってしまうものです。
酵素は体の代謝に深くかかわっていますが、ダイエットで大事なところは基礎代謝。
これが減っていってしまえば、脂肪を分解する力もだんだんと減ってきてしまうんですね。
つまり、酵素の減少は脂肪の増加をもたらすというわけです。
酵母はこの年齢とともに減少してしまう酵素のもととなる成分でもあり、基礎代謝が落ちてきてしまった人には実は非常に有効な成分なんですね。

プレミアム酵母の2つのポイントを紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

これまでの生活習慣を少しでも痩せるためにしていくことは大事ですが、そこにプレミアム酵母が加わってくれば、きっとあなたのダエイットは成功するものだと思いますよ。
参考サイト
プレミアム酵母にダイエット【効果なし?】通販前の口コミチェック※

夫人科クリニック?

女性特有の病気や症状を見てくれるクリニックを婦人科といいますが、東京のような都会にいくと、男性特有の症状や病気などを診察してくれる専門の夫人科があるみたいですね。

男性特有というと、EDやAGAがありますが、こうした症状を見る夫人科のニーズというのは実はかなりあるみたいです。

女性はだいたい40代に突入すると、だんだんと体の不調を感じることがありますね。

よくあるのは、更年期ですが、意味もなくイライラしたり、だるさを感じたりと。

男性もまた40代に突入すると、先程のEDやおでこや頭頂部のAGAなど、生活習慣の原因などによってこうした症状はあるとは思いますが、そんな時に頼りになるのが、夫人科なんだそうですよ。

女性にもプロテインが必要なの?

女性は生涯女性らしくありたいと思うものだと思いますが、そのためには食事にも美容ための栄養素が欠かせないと思います。

ただ、仕事や家事に追われてしまうと、ついつい手軽なファーストフードなど、偏りのある栄養ばかりを摂ってしまいがちですよね。

そんな女性のために開発されたプロテインがあるんだそうですよ。

プロテインはイメージとしては、男性が筋肉をつけるためのとるものだと思われがちですが、実は結構栄養豊富で、美容のためにも欠かせない栄養素がたっぷりと入っているものなんです。

特に、大豆イソフラボンがたくさん配合されているようなプロテインは、女性ホルモンのサポート役としてはぴったりなんですね。

ある程度の年齢になってくると、どうしても体調を崩してしまう事がでてきますが、そんな時にはこうしたプロテインでの栄養補給も考えてみるのもありだと思います。

認知症を予防するためにはやっぱり脳を使う事が重要みたいです。

認知症患者が年々増えている現代においては、予防をすることがまた重要になってきていますが、その予防方法には食事や運動などいろんなものがあるかと思います。

ですが、最も認知症を予防するために効果的といわれているのはやはり普段から脳を使うことだという事がわかっています。

では、どのようにして脳を使うのが良いのか?という話になるわけですが、それは脳には複数ある回路を同時に使う事。

これが一番いいみたいですね。

脳にある複数の回路とは、耳で聞いたこと、頭で覚えること、手で書くことが代表的ですが、これら同時にすることで脳は活性化される、という事です。

おそらくですが、この3つのことをしていない人が認知症になる可能性が高いという事ができるのではないかと思います。

それと、もう一つ大事なことは異常なストレスを抱えないことのようですね。

適度なストレスは脳にも良い刺激だとは思いますが、過度なストレスが永遠と続くような状態ではやはり脳も疲弊してしまうのでしょう。

身長を伸ばすためにはホルモンがかなり重要だ!

成長ホルモンが身長に影響を及ぼすことを知っている人は案外少ないみたいですね。

身長といえば、カルシウム、カルシウムといえば牛乳ということで、身長を伸ばすためにはひたすら牛乳を飲んで、それで頑張っている成長期の子供たちも結構いると思います。

自分の友人にも野球をしていて、それでもっといい選手になるためには体格をよくしないといけない、だから身長を伸ばすことは必要だ、っていうことで毎日のように牛乳をがぶ飲みしていました。

ですが、結果どうなったかというと、それほど身長は伸びずじまいです。

カルシウムは十分にとれていたと思いますが、要するにそれだけではダメだったんですね。

足りないのは、そこではなくて、骨が成長していくために必要と言われる成長ホルモンの分泌がいまいちだったということなのだと思います。

案外栄養ってちゃんと取れていることが多いですからね。よほどの偏食をしない限りは。

身長革命というサプリもありますが、こうしたものよりもやっぱりホルモンの分泌を考えたものの方がきっと成長していってくれるのではないかと思いますよ。http://www.yarerukoto.net/